両刃の包丁を研ぐ

以前は手斧を研ぎましたが、今度は両刃の包丁を研ぎます。

包丁を研ぐ作業とは、包丁の刃の角度を保つ作業です。従って、包丁を砥石で研ぐ時は、包丁を速く動かすのではなく、包丁を平行に動かし、しのぎ(刃のついた部分)の平面を維持することを最も意識するべきです。

砥石の目合いを粗いものから細かいものに取り替えながら作業をします。普段からまめに研いでおけば、仕上げ砥石のみで仕上げることができます。