余呉湖と琵琶湖を結ぶ西野水道

余呉湖と琵琶湖を結ぶ西野水道に行ってきました。

西野水道は、余呉湖から流出し湖北町を経て琵琶湖に流入する余呉川のショートカットで、治水のため掘削された人工の放水路です。西野水道 (wikipeidia)

2016-06-26 19.03.35 HDR

トンネルを通り、高月町側から琵琶湖側に抜けることができます。湖岸には道路がないため、トンネルを抜ける以外でのアプローチは難しい場所です。
放水路を通って運ばれた土砂が堆積して砂州を形成しており、独特の景観を形作っています。
2016-06-26 18.14.06

後背はオニクルミの純林で、たくさんのクルミが実っており、また波打際には実生が多く見られました。砂州の上はヤナギなどが多く見られます。

湖岸にはたくさんのワカサギがいましたが、ほぼ例外なく潰瘍ができており、冷水病が蔓延していることが伺えます。このワカサギを取っているのか、多くの親子連れが網で魚を掬っていました。また、バス釣りのスポットでもあるようです。

水道は3つあり、史跡に指定されている初代の水道、この砂州への連絡通路になっている2代目、コンクリ固めで現在の放水路となっている3代目があります。細く暗い初代の水道は、現在では水は流れておらず、ヘルメットをかぶって見学することができるようです。

道路から隔絶されており、非日常を味わうことのできるスポットでした。
2016-06-26 18.38.53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です