Vagrantのルートディレクトリであることをプロンプトに表示する

クライアント上にVagrantを使ってたくさんの仮想マシンを保持していると、カレントディレクトリが仮想マシンのディレクトリにいるのかや、そのサブディレクトリなのかなどが分からなくなる時があります。hoge_serverのような名前をつけていると、Vagrantのディレクトリだったのか、それとも、プロビジョニングスクリプトだったのかなどと記憶をたどることになり、より混乱してしまいます。
分かりやすい状態であって欲しいので、プロンプトをカスタマイズします。

“Vagrantのルートディレクトリであることをプロンプトに表示する” の続きを読む