鐘乳石が山道に転がっている

滋賀県の米原市と岐阜県の関ヶ原町にまたがる伊吹山にハイキングに行ってきました。
5合目を過ぎたあたりで写真の石を見つけました。

Instagramのキャプションにもあるとおり、これは、鐘乳石が石から剥がれたものと思われます。鐘乳石はある程度の規模の空間がなければ形成されないため、これは5号目より高い場所に鍾乳洞があったことを物語っています。

伊吹山周辺や鈴鹿山系の北部は石灰岩地帯となっており、周囲には河内の風穴や佐目のコウモリ穴など大小の鍾乳洞が点在しています。

琵琶湖東岸の石灰岩地帯は十分に調査がされていないそうです。
このあたりには、未踏の巨大な鍾乳洞が必ず存在すると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です