11月に沖縄の西表島でワーケーションしてきました。LCC (格安航空会社) ってちゃんと価格を検討して使ったことがなかったので、どんなもんかと値段を調べてみたところ、思ったより安くて、割とカジュアルに沖縄とか行っていいんじゃない?と思ったのがきっかけです。

今回使ったのはピーチ航空です。航空券以外も含めたコストはこんな感じ。4泊で合計50,000円くらい。

項目概要値段
電車移動米原 – 関西国際空港、往復、特急はるか使用¥7,780
航空券関西国際空港 – 石垣空港、往復¥22,030
機内預け荷物追加手数往復¥3,000 くらい
バス代石垣空港 – 離島ターミナル、往復¥1,000 くらい
船代石垣 – 大原(西表島)、往復
¥3,440
タクシー代大原 – 南風見田の浜、往復¥4,000 くらい
キャンプ場代南風見田の浜キャンプ場、2泊¥1,000
コワーキングスペース利用料竹富町 Painushima Share ドロップイン利用、2日分¥200
ホテル宿泊ゲストハウスちゅらくくる石垣島、2泊¥7500 くらい
食費何回か自炊

航空券は安かった

ピーチ航空の航空券は、機内預け荷物の数とかでグレードがあるんですね。今回は銛突きセットとかキャンプセットをフル装備で持って行ったので、機内預け荷物が2個になっちゃいました。手荷物だけにして、平日に行って、次の週の平日に帰ってくる、みたいなプランを組めれば 15,000円くらいまで切り詰められるはず!

ただ、関空出発が 朝 7:30 なのがなかなか辛くて、日程が合わなかったので空港の待合室で1泊しました。

石垣島のゲストハウスで前泊

今回はキャンプの準備があったので、余裕を持って前泊してみましたが、準備はすぐ済んだので、要らなかったかな?
ゲストハウスは綺麗でした。カプセルホテル型のドミトリーなんですが、2階建てになってない部屋があって、運よくそこが割り当てられました。個室で立ち上がれるって素晴らしい。

南風見田の浜キャンプ場で生活基盤を作る

かつてはヒッピーの集積地だった南風見田の浜キャンプ場。季節柄か、利用者は自分だけでした。ここは沢水しかないので、飲み水は一旦沸かさないといけないです。山には獣もいるので、汚染されているかもしれません。昔行った時はそのまま飲んでた気がするな..

食べ物をカラスとか獣に取られたりするので、しっかりパッキングしたりする必要があります。ハブとかサソリモドキに気をつけましょう。あと、沢の水の水シャワーです。

電気ありません。電波も入りにくいです。

どこで働くか

キャンプ場は文明がないので、コワーキングスペース(!)に移動しましょう。

竹富町(西表島の地方自治体)がテコ入れしているコワーキングスペースが大原にあります。竹富町外の人はドロップイン1日100円で利用できます。

キャンプ場から6km くらいで、私はキャンプ場のレンタル自転車で移動しました。道中では、カンムリワシとか、牛とか、ヤギ牧場とか、色々見れます。

ご飯とか

キャンプ場は炊事場があるので、ガスコンロやクッキングギアがなくても最悪なんとかなります。コワーキングスペースすぐそばの玉盛スーパーで色々買い込んで、キャンプ場で楽しく飯盒炊爨ができますよ。ちなみに玉盛スーパーではQUIC PAYとかiDが使えたので会計が楽です。
キャンプで使うガス缶は石垣港の釣具屋さん(中村つりぐ店)で買うと便利です。帰りがてら、使い切った缶ゴミを引き取ってくれます。銛とかエビ網とか、面白いものもたくさん売ってます。

夜はいろんな生き物がギョギョギョみたいに鳴いてるのでそれを楽しんだりしました。ヤエヤマオオコウモリも結構飛んでいた。

その他(ご飯や観光とか)

ワーケーションなので、現地のご飯を食べたり、遊んだりしてリフレッシュしてきました。

西表島いいよ!